news
11.15.2011
 今年で25回目を数える「工芸都市高岡2011クラフトコンペティション」の審査員として、
この10年以上お世話になりっぱなしの高岡へ行って来ました。

 alt=""title=""

審査員の面々は昨年同様 デザイナーの小泉誠さん(審査委員長)、城谷耕生さん、
富山大学教授の松原博さん、クラフトバイヤーの日野明子さん、カーサブルータス編集長の亀井誠一さんで、
コンペの考え方そのものや作品について非常に活発な議論が飛び交う熱のこもった審査会になりました。 
多くの関係者のベクトルが合わさって、高岡にしかできないクラフトコンペがハッキリと
提示できそうな空気が漂い始めていますので、これからますます期待ください。 

年が明けて1月14日に表彰式が開催されますが、その際に出品者を対象に泊まりがけで
「高岡クラフツーリズモ」と題するものづくりの現場見学や体 験ワークショップを企画しています。


青年会の若手達が中心に地域で手厚くおもてなしをされるそうですので、出品された皆さまは奮ってご参加ください! 



10.25.2011
 「庵治石」と書いて何と読むかご存じでしょうか?

日本でもっとも高級な墓石として君臨しているのですが
「あじいし」と正確に読める方はまだまだ少ないそうです。

香川県の庵治石産地の方々が、認知の向上や今後のブランド化を見据え
リサーチのために上京されたので勉強会を開催しました。

墓石は遺された人が故人を尊び祈る対象。
中国産の廉価な墓石に市場を掻き回されている状況ですが、
信じられないくらいに徹底した材料選びとクオリティ管理は
他所では到底真似できません。

墓石のクオリティのみならず、ものがものだけに、作り手の哲学、
想いや姿勢といった背景もとりわけ重要な判断要素になってくるはずですし、
それは正確に伝え広めなければなりません。

現在はサーチとシェアの時代なので、真っ当な仕事が結果に結び付きやすくなってきています。

やるべきことは沢山ありそうな庵治石産地に、今後とも期待したいと思います。 

 alt=""title=""




10.15.2011
岐阜県瑞浪市は日本最大の焼き物生産量を誇る美濃焼の産地。
陶磁器関係者や学生さんら約40名の方々と勉強会をおこなってまいりました。

 alt=""title=""

現在(とくに3.11以降)の社会的な空気観や人々のマインドの変化をお伝えすると共に、
「本当に必要なもの」や「瑞浪でなければできないこと」を陶磁器のみならず多角的に考えました。

他の産地同様に厳しい環境下にはありますが、全国一の産地だからこそできることは必ずあります。
市場の流行はそれとして、望むべき潮流を新たに生み出していただくことを期待しています。

そしてセラミックパークMINOで開催されていた3年に一度の
国際陶磁器フェスティバル美濃 '11」も見学することができました。

世界から集まった入選作の技術レベルは目を見張るものがあり、
神谷利徳さんの会場構成も素晴らしいものでした。
10月23日まで開催されていますので、岐阜方面にお出かけの際は是非!




09.09.2011
足掛け二年かけてディレクションしてきた鹿児島の住宅工務店 粹家創房の移転計画。
移転先は鹿児島市内から西へ30分弱、眼前に桜島を臨む山の上という
地元の方々も驚く素晴らしいロケーションでオープンしました。

 alt=""title=""

カフェ
 alt=""title=""


ここにオフィス「ikiya-soobou」、インテリアショップ「Nuff」、カフェ「MATHERuBA cafe」
イベントスペースを設け、広大な外構部は自然と対話しながら時間をかけて
遊び場や散策道を造って行きます。

この計画で重視したことのひとつは、非常に豊かで個性のある「鹿児島の資産」を
しっかりと見極めて自分たちらしく運用すること。
建物では鹿児島伝統の「分棟型民家」の考え方を、ショップでは伝統工芸を、
カフェでは地元の食材をアレンジしふんだんに盛り込んでいます。

カフェからの眺め
 alt=""title=""

インテリアショップ「Nuff」
 alt=""title=""

鹿児島の手仕事もたくさん陳列しています
 alt=""title=""


そしてもうひとつポイントは「暮らしの学校」でありたいということ。
住宅の中には暮らしが凝縮されています。
イベント、ワークショップ、セミナーなどを通じてモノの背景にある、
コトとかヒトとか、知恵とか想いとか、そういったものも丁寧に楽しく紐解く場を
地域の老若男女に向けて提供して行きたいと思っています。

引いては地域づくり・ヒトづくりの拠点になれればそんなに嬉しいことはありません。
鹿児島にいらっしゃる方は是非お立ち寄りください!


○粹家創房(IKIYASOOBOU)   >>http://www.ikiyasoobou.com/ 
・インテリアショップ「Nuff」  
>>http://www.nuff-craft.com/
・カフェ「MATHERuBA cafe」 
>>http://www.matheruba-cafe.com/ 



09.03.2011
 a.flat 目黒本店で写真家の泊昭雄氏ディレクションによる
「Colors」という展示会が9/4まで開催されています。 

泊氏が色をテーマにa.flatの家具を演出し、山田貴美子氏が空間をスタイリング。
 alt=""title=""

ubushinaからは真鍮鋳物ペンダントと、シルクの壁紙「絹布紙」は
品のある美しい色の組合せのパーテーションとして展示されています。
 alt=""title=""
 alt=""title=""

これにともなって制作されたパンフレットも写真集のような美しい仕上がりですので、
是非店頭でご覧下さい。 

a.flat 10周年企画 Colors
日時:2011年9月3日(土)、4日(日) 11:30〜19:30
場所:a.flat 目黒本店
住所:東京都目黒区中根1-14-15
アクセス:東急東横線 都立大学駅徒歩7分 自由が丘駅徒歩10分