news
04.30.2011
鹿児島のプロジェクトの敷地の造成と建築工事が本格的に始まりました。
こちらは家具などのショップと工場が併設する建物で、ゆうに25mプール以上の面積があります。

 title=""alt=""

カフェ、ギャラリー、オフィスなどの機能を持たせたもう一つの建物は少し遅れて着工予定。
商品開発、イベント、カフェメニュー等々、8月のオープンに向けてすべてのペースが上がってきました。

粹家創房HP>>> http://www.ikiyasoobou.com/
松元プロジェクトブログ>>> http://blog.livedoor.jp/ikiyasoobou_m_pro/



03.22.2011
タイのバンコクとチェンマイに行ってきました。

「農村部の女性の自立支援のための竹工芸」
「山岳少数民族の文化保護育成のための織物」
「ケシ栽培からの脱却のための敷物」
「HIV感染孤児支援 のための服づくり」 など
倫理的な目的のためにものづくりに携わる大変優れたリーダーたちからお話を伺い、
現場を見学してきました。

 alt=""title=""

いずれも繊細でとても美しい手工芸品で、「真・善・美」を兼ね備えています。
6月くらいには彼らの活動と商品を紹介できそうですのでお楽しみに!



03.07.2011

高岡伝統産業青年会のコトづくり委員会が「高岡クラフツーリズモ」なるものを企画しました。

昨年6月に開催した勉強会「高岡にしかできないことってなんだろう?」から派生したものです。
全国から人を呼び込んでモノづくりの現場の「見学」もしくは「体験」をしてもらうためには
どうしたらよいだろうか?
青年会はもとより、行政や団体、私企業の方達 約30人に向けて非常に手の込んだ情熱的な
プレゼンテーションが成され、年内の実現を目指して動き始めました。

 alt=""title=""

担当者の皆さん、本当にごくろうさまでした。
高岡は唯一無二の個性を持った素晴らしい場所だし、
皆さんのその情熱があれば絶対に実現可能です!




02.24.2011
全国各地の共同作業所で働く障がいのある方々の月給は1万円程度。
ある時にそんな現実を知って驚きました。
福祉には素人ですが企画やデザインができる私たちにできることはないだろうか、
という想いからスタートしたのがディレクターを勤めるYUEN'TOのPRINT PARTYシリーズ。

株式会社リバティジャパン様のご厚意でLIBERTYプリント生地の端材をご提供いただき、
製作をお願いした鎌倉と福井の知的障がい者施設の皆さんとワークショップを重ねながら、
さまざまな商品を企画しました。


 title=""alt=""


昨年から新宿 伊勢丹との取り組みをスタートし、
「伊勢丹×PRINT PARTY 限定トートバッグ」が3/2から伊勢丹アイカード
会員限定で、3/16からは一般向けに発売されます。
昨年は発売初日の午前中で20個がアッという間に完売したため、
今年はさらに頑張って60個を用意して臨みます。
価格は21,000円。
是非ご覧下さい!




02.18.2011
業務支援しております能作の松屋銀座店が本日オープンしました。

 alt=""title=""

デザインはいつもお世話になっている小泉誠さんです。
日本橋三越店に続く都内二番目の店舗ですが拡大政策の現れではなく、
半世紀以上に渡って日本のデザイン文化を牽引してきた松屋において、
そこを行 き交う建築家やデザイナーの創造性を刺激し、
理念を同じくする異業種との取り組みを模索することにも大きな意味を見出しています。
そのために「能作+(プラス)」というコーナーを設けました。
鋳物の未知の可能性を皆さまのお力を借りながら模索していきたいと考えています。

5年後には創業100年を迎える能作。
今回の出店を期にあらゆる側面からクオリティを見直し、信頼される暖簾を築いていきたいと思っています。