株式会社イデアインターナショナルのオリジナル商品シリーズ「YUEN’TO」の開発ディレクション業務の一環として、YUEN’TOの4つのテーマのうち「neighbors(社会的に弱い立場の人々)」にフォーカスしたプロジェクトです。具体的には「YUEN’TO」と知的障害者とのものづくり;アパレルブランドから発生する端材を有効活用し、アクセサリー等の企画・製作・流通に取り組みました。企業のCSR活動に新たなコンテンツを提供しながら工賃向上を通じて障害者の経済的自立を支援し、他方では授産品や障害者への認知の促進を図ります。2008年暮れに第1弾のアイテム群を、翌2009年に同様のスキームで第2弾、第3弾を発売し本格始動。継続的なプロジェクトとして展開中です。