伝統工芸が持つ圧倒的な技術をプロダクトに活用した「アウラコレクション」の展覧会、および現代デザイン界に多大な影響力をもつエンツォ・マーリ氏の講演会開催のための支援業務。共通するテーマは、現代社会における「ものづくりの尊厳」;ものづくりの本質とは何かを原点に立ち戻って考えることにありました。 アウラ社は新素材開発、伝統技術を応用した研究開発、それらを用いたプロダクトの製作などに積極的に取り組んでおり、我々は1999年以降 アウラコレクションの開発支援及び販売促進業務なども担っています。